三線工房いーばる

  • いーばる三線店での三線販売、オーダーメイド、注文は「三線工房いーばる」におまかせください。

正南風原型

正南風原型

今回は、三線の型の中では一番古い型の紹介です
南風原型の中では、拝領南風原が有名ですが 此の南風原が原型だと言われていて、文化財にも指定されています
心の穴が3個開いています 真の穴が開いているで有名なものは江戸ゆなーが有ります
多分此の正南風原型三線 (沖縄三線)を見るのは、初めての方が多いじゃないですかね

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

正南風原型三線 (沖縄三線)

型のご説明

南風原型(ふぇーばるがた)
南風原型(ふぇーばるがた) もっとも古い型といわれています。
南風原型という名称は、『球陽』の1710年の記事に 「往昔の世、素、三絃有り。未だ何れの世にして始まるから 知らざるなり。近世に至り、南風原なる者あり。 善く三絃を製す。・・・」とあり、 三線作りの名工<南風原>の名に由来します。 棹は細目で、天の曲がりが少なく、野坂は大きく曲がり、 野丸は半円形です。野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。 この型は、拝領南風原型、翁長親雲上型の二つに分かれます。
引用:沖縄県立博物館 三線の広がりと可能生展

南風原型(ふぇーばるがた)

南風原型(ふぇーばるがた)

南風原型(ふぇーばるがた)という名称は、『球陽』の1710年の記事に「往昔の世、素、三絃有り。未だ何れの世にして始まるから知らざるなり。近世に至り、南風原なる者あり。善く三絃を製す。・・・」とあり、三線作りの名工<南風原>の名に由来します。棹は細目で、天の曲がりが少なく、野坂は大きく曲がり、野丸は半円形です。野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。この型は、拝領南風原型、翁長親雲上型の二つに分かれます。引用:沖縄県立博物館 三線の広がりと可能生展


オーダー南風原型三線・東京都 Y様
東京都 Y様

黒壇南風原型三線 (HK様)
HK様 オーダー南風原型三線 完成です

ゆし木南風原型三線 (長野県 K様)
南風原型三線
K様 艶消にしましたついでに手掛けも変更です

正南風原型三線
正南風原型三線
型の中では一番古い型の紹介です

正南風原型
正南風原型三線:奈良県 K様
届くのを 楽しみに待ってて下さい



完成までの流れ完成した三線の紹介三線の修理について三線制作日記(ブログ) 制作三線自慢いーばる特製三線バチ(爪)ご紹介銘苅春政先生との出会い相互リンクの募集



この型で三線を制作した場合の価格の目安

1)型

型 南風原型(ふぇーばるがた)
久場春殿型(くばしゅんでんがた)
真壁型(まかびがた)
与那城型(よなぐしくがた)

 

知念大工型(ちねんでーくがた)
久場の骨型(くばぬふにがた)
平仲知念型(ひらなかちねんがた)
上原型三線(いーばるがたさんしん)

2)原木の目安

原木の目安 ゆし木70,000円~120,000円
ゆし木(上物)120,000円~200,000円
カマゴン70,000円~150,000円
黒木150,000円~200,000円
黒木(最上物)300,000円~400,000円

3)握り具合い

握り具合い 細め0円
普通0円
太め0円

4)胴

胴彫りナシ0円
波彫り10,000円
盛島彫り10,000円

5)皮

皮人工皮0円
2枚張り0円
本皮0円
本皮(上物)25,000円

6)うるし

うるし カシュー塗り(クリア)0円
カシュー塗り(黒塗り)0円
本漆(拭漆)20,000円
本漆(拭漆研ぎ上げ[変わり塗り])30,000円
本漆(春慶塗[透明])50,000円
本漆(蝋色塗[漆黒])50,000円

7)カラクイ

カラクイ 普通0円
特別3,000円
天然石10,000円
象牙・牛の骨20,000円

8)手掛け (ティーガー)

手掛け (ティーガー)普通0円
貴重品7,000円

9)ケース

三線ケース 普通0円
ソフトケース0円
ハードケース0円
ジェラルミンケース7,000円

■製作例

【例:真壁型(まかびがた)、ゆし木、彫りナシ、本皮、本漆(拭漆)、カラクイ(特別)、手掛(貴重品)、ハードケース】の場合
0円+70,000円+0円+0円+20,000円+3,000円+7,000円+0円=100,000円

【例:与那城型(よなぐしくがた)、黒木、波彫り、本皮、本漆(蝋色塗[漆黒])、カラクイ(特別)、手掛(貴重品)、ハードケース】の場合
0円+150,000円+10,000円+0円+50,000円+3,000円+7,000円+0円=220,000円

制作へのこだわり

左右が均等でバランスが良い

長年家具を造ってきて培ったノウハウや職人の勘を活かし左右を均等にそろえていきます、左右を均等にそろえるという技術は実はとても難しくわずかな狂いでもすぐにわかります、そろえる作業はとても根気のいる技と経験が必要な作業です。いーばる三線を皮の方から天に向かって見てください。他のものと違ってこだわりがわかります。特に店長(いーばる)は手仕事が大好きです。他店では機械(帯鋸やバンドソー)などを使って簡単に仕上げる工程も日々手ノコやノミでコツコツとバランスを確認し三線を生み出しています。

握った時にわかる独特なライン

お客様の要望を丁寧にお聞きし要望にあわせた握りの太さを調整します、自分用にオーダーされた三線のグリップはとても気持ちよくそして長時間の演奏にも疲れが出にくいものになります。三線に手を合わせるのではなく手に三線を合わせたものをお作りいたします。

使いやすさ、美しさを追求した「からくい」の角度

本調子、2上げ、3下げなど上達するに従って頻繁に調整が必要となるチンダミ(音調整)ですが、いーばるはそのカラクイ部分にこだわりを持ちます。まずは男弦のカラクイを握ってみてください、女弦のカラクイに当たったりせずスムーズに回転が行うことができます。気付かない小さなこだわりですが演奏者に気持ちよく唄っていただける配慮です。

漆塗りへのこだわり

「黒塗り、すんちー塗り」を沖縄でよく使われる言葉ですが残念なことに、ほとんどの三線店がペンキやカシューなどの代用品を使用し、そのことを伝えることなく販売しております。「三線工房いーばる」では「本漆」を使った本物志向の三線に力をいれており、「漆芸士」と連携し「本物の塗り」をお勧めしております。艶よく水に濡れたような表面に仕上がり「一生の宝物」として喜ばれています。棹を本格的に作ったのであればぜひ「本物の塗り」もご検討ください。
※お手頃なカシュー塗りも取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。 ※本漆塗りの三線は舞台などに立って手に汗をかいた時にすべりが良く演奏に支障をきたさないというご意見もいただきました。

舞台映えする正面からの面構え

銘苅春政氏を師と仰ぐいーばる三線は師から受けついだ独特の美しいラインが特徴です。これは舞台に立った時に丸みを帯びた柔らかい形が他の三線と違い上級者の雰囲気を漂わせます。

部当て(ぶーあて)で音色が決まる

丹念に竿と胴を当てる(ぶーあて)作業を行います、この作業に時間を費やすことにより、三線の弾きやすさや音色が変わります。特に竿と胴の接合部分を限りなく密着させることにより音色は天まで響くよう自然に響くようになります。

品質チェックの厳しさ

上原三線店の三線は他のお店と比べて高いかも知れません、それは他のお店にはない削るための 技術、仕上がった製品のチェックを繰り返し丹念に行っているためです。「ぶーあて」と呼ばれる三線の木の部分と胴をつなげる接合部分には特に時間をかけ製作しております。

※購入いただいた三線のメンテナンスについてもお任せください責任を持って対応いたします。

※また他店で購入した三線でお困りはありませんか?棹の曲がりや欠けたもの、皮の破れなどなんでもご相談ください、簡単に電話やメールで連絡が可能です。お時間は3分ほどしかかかりません最下部のご連絡先をご確認ください。修理のおおよその価格は「三線の修理」を目安にしていただけますでしょうか(状態により価格は若干変動いたします)。

ご連絡はこちら

何かありましたらお気軽にご連絡ください。

住所・交通:那覇市寄宮2-1-25 101号(「Webを見た」とご連絡ください。)

TEL:098-996-2758

営業時間:10:00~20:00(不定休)

国際通りのお土産買う途中にぶらりと遊びに来てみませんか黒砂糖でお出迎えいたします。

【音色】
ご相談者のご希望の音色を調整できます。
【形】
ご希望の棹の太さをお作りいたします。あなたの手に合わせた三線を作ることができます。
【値段】
出来合いの三線を普通に購入する値段であなたの思い通りの完全オーダーメイドの三線をつくることができます。


完成までの流れ完成した三線の紹介三線の修理について三線制作日記(ブログ) 制作三線自慢いーばる特製三線バチ(爪)ご紹介銘苅春政先生との出会い相互リンクの募集